発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

薄毛の原因

思春期以降、気になる人は気になる薄毛問題。
男性の方は特に早い段階から気になる方にとっては深刻な悩みとなっています。
男性特有のハゲ方のAGA(男性型脱毛症)というものがあります。
AGAですが、男性のみ発症するもので、額がM字に薄くなっていくか、頭頂部が円状に薄くなっていくのが特徴的です。
はげている男性のほとんどの方がこのAGAだと言われています。
10代から30代にかけて脱毛する脱毛症を若年性脱毛症と言われ、それ以降から50代にかけてを壮年性脱毛症と呼ばれます。
そしてそれ以降を老人性脱毛症と呼びます。
一番悩んでる人口が多いのが壮年性脱毛症で、一般的とされています。
ではどうしてAGAになる人とならない人がいるのでしょう?
その原因は、男性ホルモンによるものだとされています。
元々あるテストステロンというホルモンが5a-還元酵素によって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
そのDHTが毛髪の乳頭細胞に結びつき、脱毛したり、発毛できなかったりします。
髪の毛には、ヘアサイクルというものがあり、通常は数年かかって生え変わるのですが、このDHTが原因で、そのヘアサイクルが短いものとなってしまいます。
ヘアサイクルが短いと、十分に発達せず、髪の毛が元のものより、細くなりコシのないものになってしまいますので、そのせいで全体的に薄く見えてしまうという事になります。
そして、最悪の場合は毛穴が休止期に入ってしまい、全く髪の毛がはえてこなくなってしまいます。
では対処法はないのかとお思いでしょうが、そんなことはありません。
薄毛に対して治療薬というものがあります。
先ほどのDHTを生成させるための5a-還元酵素を阻害することによってDHTを生成させることを防ぎます。
医薬品名はプロペシアというのですが、有効成分はフィナステリドで5a-還元酵素を阻害してくれる作用があります。
それを服用することで、AGAの治療ができるという事です。
AGAは放置していますと進行します。
早めに対処することで、その効果はさらに期待できますので、早めに行動しましょう。
薄毛は気にならない方にとっては、全く問題ないのですが、やはり早めに脱毛してしまいますと気になるのが当たり前です。
自己流でハゲを治そうとはせず、必ず医学的にも根拠のあるもので対処しましょう。