発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

毛髪のサイクル

男性の毛髪の寿命は2年から6年と言われており、1日に0.3ミリほど伸び、新しい髪が生えたり、古くなった髪が抜けたりし、これを毛周期と呼んでいる。
この毛周期のサイクルが正常な場合、寝ているときやお風呂で髪を洗った時に髪が抜けたり、切れたりすることは何の問題もないのですが、AGA(別名:男性型脱毛症)の場合、抜け毛は男性にとって大きな悩みであり、問題となっている。
AGAは毛周期のサイクルに乱れが起こり、抜け毛や薄毛などの症状が出ます。
原因となっている物質は男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が原因となっています。
このジヒドロテストステロンは、同じく男性ホルモンである「テストステロン」が5a還元酵素により変えられてしまうことによって生成されます。
生成されたジヒドロテストステロンが、頭皮にある男性ホルモン受容体に結びつくことにより、毛髪の成長を止めてしまったりし、抜け毛が起こったり、毛髪に太さがなくなり薄毛になってしまいます。
また症状の特徴として、進行性の症状なので一度なってしまったら、クスリなどを使って症状を食い止め、再び毛髪が健康的になるように対策を講じなければならず、クスリは飲み続けることにより効果を発揮します。
プロペシアと呼ばれるクスリを使います。
プロペシアとは、世界で初めて病院で処方される男性型脱毛症のクスリです。
世界中で承認され使われているクスリでもあり、安全性も高いことがわかります。
作用はテストステロンを変換してしまう5a還元酵素の働きを抑制してくれます。
この作用により、ジヒドロテストステロンの生成を止め、成長を止めてしまった毛髪が再び成長したり、細くなってしまっていた髪が太さを取り戻すことが出来るようになります。
副作用は少なく、比較的安全に使用することができますが、男性機能の低下が起こる場合があり、EDと呼ばれる勃起不全や性欲が減退してしまうケースがあります。
必ず機能低下が起こるわけではないので、考えすぎは禁物です。
考えすぎてしまうと心因性のEDになってしまうことがあります。
国内には抜け毛や薄毛に悩んでいる男性は多くいます。
発毛効果のあるクスリを使って健康的な毛髪を取り戻しましょう。