発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

発毛・育毛の悩みはプロペシアとミノキシジルで解決

男性型脱毛症にはプロペシア

ハゲの最大の原因のひとつに男性ホルモンが関係しています。といっても、男性ホルモン自体は直接脱毛の原因となるものではないのですが。

男性ホルモンの一種にテストステロンという物質があるのですが、これが毛根あたりにたくさん存在する5αリダクターゼという酵素的な物質と結合すると、ジヒドロテストステロン(通称DHT)という物質に変化します。
このジヒドロテストステロンは、毛根に対して強力な脱毛指令を出してくる恐ろしい物質で、この物質が増えることで男性型脱毛症(M字ハゲや頭頂部のカッパハゲ)が促進されるのです。

悪性男性ホルモンの一種であるジヒドロテストロンは直接毛根の細胞を攻撃するのではなく、毛乳頭にある受容体と結合し、脱毛を促進させ髪の毛の生産を中止するように細胞レベルで永遠に働きかけ続けるため、このジヒドロテストロンを何とかしない限り、いくらロゲインのようなミノキシジル系の有効な育毛剤をつかっても、新しい髪の毛自体が生えないためまったくの無意味なのです。

そこで登場するのが5αリダクターゼの生成を阻害する、プロペシア(フィンペシア)という商品名で知られるフィナステリドという5α還元酵素阻害薬です。
ミノキシジルを主成分とするロゲインは発毛を促進する効果がありますが、脱毛を促進させるジヒドロテストロンの前では無力と言っても過言ではありません。
プロペシアはそのジヒドロテストロンを発生させる大元の原因となる5αリダクターゼの発生を抑え、使い続けることで、やがてジヒドロテストロンを殲滅することが出来る奇跡のお薬なのです。

錠剤と、直接塗りこむ2つのタイプの製品があり、塗りムラなどが心配であれば、初めは錠剤で試してみるのが良いかもしれません。

フィナステリドはプロペシア以外の商品では、より安価なフィンペシアというお薬が有名ですが、どちらも同じように強い抗脱毛効果があるので、手に入りやすい方を試されてみては如何でしょうか。